愛知県 運送会社 なら LOOP ネットワーク

安全に対する取り組み

  • HOME »
  • 安全に対する取り組み

お客様に安心してサービスをご利用いただくために
弊社では日々安全に対する取り組みを欠かしません。

安全会議

事故撲滅・事故の未然防止のために月に一度残喘をテーマに会議を行います。
ここでは運送に常につきまとう事故のリスクを再度確認し危険な行為がないかを
話し合います。

各種車両の運転技術向上

お客様のお荷物をお届けするにあたり弊社では様々な種類の車を扱っております。
車種が多くなったとしても運送のプロフェショナルとして車種の違いによる
運転技術の低下があることは許されません。
車種の違いによる運転技術の低下が起きぬよう
今まで培ってきた独自のノウハウをチェック表という形でまとめドライバーへ徹底をしております。

・トラック運転技能チェック
・フォークリフト運転技能チェック
・フォークリフト重点遵守項目14

追突防止5項目
1)法定速度及び車内速度を守ります
2)眠気を感じた時点で、路肩などを利用し、車両を停止する勇気を持ちます
3)速度に応じた車間距離を必ず確保します
4)中間点呼時は到着後、体調や眠気の状況を説明し、出発連絡も必ず報告します
5)どのような状況においても「無理」は絶対にしません

 

逆突防止5項目
1)所定の場所に入庫する時は、指差呼称確認します
2)間遠開け、ラジオを消し、ハザードを点灯させ、後退します
3)アクセルは踏まずに後退し、右足はブレーキに添えて運転します
4)少しでも不安になったら下車し。目視確認します
5)所定場所に一発で入れずに、必ず切り返し動作を行います

 

交差点右左折安全5項目
1)交差点では、特に歩行者、自転車の動きに注意します
2)交差点時は乗用車一台分の間隔をあけ、サイドブレーキを締めます
3)右左折時横断歩道手前は、徐行、最徐行、停止を行い指差呼称をします
4)右左折の合図は30m手前で行い安全確認します
5)左折時は事前にギアを3速に入れ、安全窓の目視確認します

 

フォークリフト運転5項目
1)発信する前に、前後左右の安全を確認して1速で発信すること。
2)急発進・急停車及び急旋回をしないこと。
3)フォークは地上より15cm〜20cm位上昇させ、視野を十分に確保して走行すること。
4)パレットに爪を差し込むときはゆっくりと差し込むこと。
5)パレットの積み降ろしする時は周囲の確認と隣接物との緩衝を確認すること。

 

幌閉め三原則
①左から閉める。
②乗用車前の一周点検。
③ミラーによる再確認。

お気軽にお問い合わせください TEL 0567-69-0911 平日 9:00〜17:00

facebook

map

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGETOP
Copyright © 株式会社LOOP ネットワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.